2012年07月26日

米アップル、Windows版「Safari」提供終了の模様

米アップルは25日(現地時間)、同社のウェブサイト上で公開していたWindows版「Safari」ブラウザの提供を終了しました。サポートのダウンロード専用ページではまだ公開されているものの、Safariのダウンロードページからはリンクおよび表記が削除されています。

アップルは昨日リリースされた最新OS「OS X 10.8 Mountain Lion」に合わせて、「Safari」の最新バージョン「Safari 6」を公開しています。今のところ正式な発表はされていませんが、Safari 6を機にWindowsをサポートしなくなった可能性があります。

なお、Windows環境からSafariのダウンロードページにアクセスすると、Safariの案内ページにリダイレクト(自動移動)されるようになっています。

ブラウザのシェア争いは激しさを増しており、Chromeの台頭などによってWindows版を提供するメリットが殆どないと判断されたのかもしれません。iOS 6からはSafariとの同期機能が強化されており、活躍が期待されていましたが残念なお知らせとなりそうです。
>>ガジェット速報
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 10:23 | windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。