2013年03月06日

iWatchにはiOSを搭載か iPhoneと シームレス連携も

The Vergeは4日(現地時間)、米アップルが開発していると噂されているスマートウォッチ「iWatch」には「iOS」が搭載され、発売時期は年末になるだろうと伝えています。

同サイトによると、iWatchに搭載されるOSは「iPhone」などに搭載されているのと同じiOSであり、「iPod nano」に搭載されているオーディオプレーヤー専用のOSではないとのことです。

しかし情報によると、iWatchはバッテリーの維持時間に問題を抱えているようです。iWatchは最終的に4〜5日間はバッテリーが持つことを目標に設計されているようですが、現時点のプロトタイプでは最大2日しか持たないとのこと。また、iPhoneとiWatchのスムーズな連携が行えるようにiOSに改良を加えているとのことですが、その試みはまだうまく行っていないとのことです。

以前からバッテリー持続時間が短いのではないかと指摘する声が挙がっていましたが、やはり、バッテリー問題には苦しんでいるようです。仮に電子インクを採用したディスプレイにするとしても、カラー表示や応答性に難があるなどのマイナス要素があるため、採用は現実的ではありません。バッテリー問題は革新がなければ大幅に向上しないだけに、アップルがこの問題にどう立ち向かっていくのか注目されます。
>>ガジェット速報
タグ:IOS
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 11:40 | iWatch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。