2013年12月24日

ついにiOS7でも脱獄が可能に!イタチごっこはいつまで続く?

「iOS 7」の脱獄ツールが公開される

 多くの「iOS 7」ユーザーにとって、3カ月前にリリースされた同モバイルOSにないものは、デバイスのジェイルブレイク(脱獄)を行う方法だったが、それはもう過去の話になった。

 「evasi0n」チームは米国時間12月22日午前、iOS 7のバージョン7.0.4までを搭載するデバイスで完全脱獄を行うツールを公開したと発表した。脱獄すると、「iPhone」「iPod」「iPad」上のソフトウェアにAppleが許可しないレベルまでアクセスできるようになる。

 evasi0nによると、脱獄ツールは5分でインストールでき、「OS X」と「Windows」の両マシンに対応、ステップバイステップのインストール手順もついているという。このジェイルブレイクを使うと、外部デバイスとの接続なしにデバイスを再起動することが可能になる。

 むろんAppleは、同社デバイスの脱獄にevasi0nが利用しているエクスプロイトをいずれ修正するとみられる。Appleは以前から、セキュリティの脆弱性、バッテリ寿命の短縮、音声とデータの信頼性低下、サービス障害、ソフトウェアアップデートの適用不能といった問題が生じるリスクがあるため、ユーザーにはデバイスの脱獄を行わないよう勧告している。


プログラムである以上、いつかはブレイクされてしまうのに、なぜ機能制限をかけるんでしょうかね〜。
タグ:ios7 脱獄
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 23:36 | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。