2012年06月30日

Android向けFlashの提供を一切停止へ 既存端末のサポートのみ

米アドビ・システムズは28日(現地時間)、Android 4.1(Jelly Bean)向けにFlash Playerを対応させないことに加えて、8月15日以降はAndroid 4.0系以下の端末に対しても新規ダウンロード&インストールが出来ないようにすると発表しました。

既存のインストール済み端末については、セキュリティ・バグ関連アップデートのみを行うとのことです。

以前からAndroid向け(モバイル向け)Flash Playerの開発停止を発表していましたが、新バージョンのAndroid OSに対応させないだけでなく、新規配布自体も停止するというのは意外な対応です。

なお、Flash Playerがインストール済みであるAndroid 4.0系端末を、Android 4.1にアップグレードした際はそのまま利用できるようですが動作は保証されません。また、セキュリティ上の高いリスクが伴います。

上記の件に関してアドビは、Android 4.1にアップグレードする前にFlash Playerを削除することを推奨しています。

スマートフォン戦争のキーポイントの1つでもあった「Flash対応」ですが、アドビ自体が幕を引く形で収まることになりました。
>>ガジェット速報
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 10:35 | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。