2014年01月23日

誰得?iOS7端末がクラッシュする技(バグ)

バッテリー残量30%でiOS 7端末がクラッシュするバグをAppleが修正予定

Appleが2013年9月にリリースしたiOS 7について、Appleサポートコミュニティに「バッテリー残量が20〜30%になるとiOS 7のiPhone 5が勝手にシャットダウンする」というスレッドが建てられ、同じ症状を投稿するユーザーが相次いでいます。これに対して、Appleは「次回のアップデートでクラッシュのバグ修正を予定しています」とコメントしています。

iPhone5 shuts down at 20%-30% battery...: Apple Support Communities
https://discussions.apple.com/thread/5451027

Apple Promises to Fix iOS 7 'White Screen of Death'
http://mashable.com/2014/01/22/iphone-screen-of-death/

Appleサポートコミュニティによると、iOS 7をインストールしたiPhone 5やiPhone 5sなどのAppleデバイスが、バッテリー残量があるにも関わらず警告なしにクラッシュしてしまう、という現象が発生しているとのこと。同スレッド内では同じ症状を訴える人の他に、「クラッシュ後は充電プラグを挿さなければ復活しない」、「90%付近でもクラッシュが発生する」という人も続出。

デバイスのカラーがホワイトなら白いスクリーン、ブラックなら黒いスクリーンがクラッシュ時に表示されるため、「ホワイトスクリーン・オブ・デス」、「ブラックスクリーン・オブ・デス」とも呼ばれています。iPhone 5cのカラーや、iPhone 5sのゴールドのような色のクラッシュスクリーンは報告されていません。


このクラッシュの不具合は、iOS 7をインストールしたiPhone、iPad、iPod Touchで確認されていますが、AppleのスポークスマンはMashableに宛てて、「Appleはホーム画面がクラッシュするバグを確認しており、次回のソフトウェア・アップデートで修正を予定している」とコメントを届けており、「iOS 7.1」のアップデートにバグの修正も盛り込まれるのではないかとMashableは推測しています。

手元のiPhone 5でも同じ現象が多発していて「バッテリーが弱っているのかも?」と思っていたのですが……。
毎度のことですが、出荷前に分からんのですかねぇ・・・
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 23:11 | iPhone・iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。