2013年12月18日

ついにiPadにも4Kの波が来る?12.9型iPad Pro 2K版を2014年4月に、4K版を同年10月に発表か

米アップル、12.9型iPad Pro 2K版を2014年4月に、4K版を同年10月に発表か

INTERNATIONAL BUSINESS TIMES(アイビータイムズ)は16日(現地時間)、独自の情報として、米アップルが12.9インチのディスプレイを有するタブレット端末「iPad Pro」を、来年リリースすると報じています。まず4月には、現行のiPadと同じ2048×1536ドットのファーストモデルを発表し、その半年後にあたる10月には、解像度が倍になった4K(4096×3072ドット)のセカンドモデルが登場するとのこと。
同製品はその大きさから、ノートPCを置き換えるものになる可能性も指摘されており、MacBook AirやMacBook Proがもつ能力を継承できるよう、アップルは開発を重ねているとしています。

これまでに複数のメディアからiPad Proの情報が伝えられており(過去記事)、いつもの流れから察するにその存在は確からしいと言えます。また、画面の大きい、それも業務用に活用できそうな本端末が解像度の低い「1024×768ドット」を採用するとは考えにくく、初めからiPad AirやiPad mini Retinaモデルと同様、「2048×1536ドット」の液晶ディスプレイを搭載する可能性は高いと言えます。
また、近年の高解像度化の流れからも、その後4K化することは簡単に予測することができますが、今回伝えられたスケジュールが本当だとすると、リリースサイクルはとても速いものとなります。
半年後にもっと良いものが発売されるとわかってしまうとどうしても買い控えが起きてしまいますが、実際にこのスケジュールで発表されるのでしょうか。

画面解像度が変わると、またアプリ開発者から悲鳴の声が上がりそうですね〜。
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 21:29 | iPhone・iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。