2013年11月27日

よかった!OS X 10.9 Mavericksにおける外付けHDDデータ消失問題解決

ウェスタンデジタル社、OS X 10.9 Mavericksにおける外付けHDDデータ消失問題解決へ

HDD製造大手のWestern Digitalは26日(米国時間)、同社が提供する統合ユーティリティー「WD SmartWare」の最新版を公開し、OS X 10.9 Mavericsにおいて外付けHDDを接続した際にデータが消失する問題を修正しました。今回リリースされたバージョンは1.3.6。対象となるOSは10.5〜10.9となります。
この問題は、アップルがリリースした最新OS「OS X 10.9 Maverics」にアップデートしたMacに対し、Western Digital社製、または、それ以外のメーカーの外付けHDDを接続すると中身のデータが消失してしまい、以後、保存データにアクセス不可能になるというもの。

同社が提供しているWD SmartWareを導入していた場合、ユーザーの許可を得ずにパーティションの再分割や再フォーマットを勝手に行ってしまうことが原因でした。
HDDデータの消失は出来るだけ避けたいものですが、ハードウェアの故障ではなくソフトウェアのバグによって消失するというのはなんとも納得し難いものです。一時的にデータにアクセス出来ないといった不具合ならまだしも、パーティションを破壊するような “地雷バグ” はぜひとも避けて頂きたいもの。クリティカルな操作を可能とするツールを提供中の大手メーカーは、油断せずに新型OSに対するテストを早期から入念に行って欲しいと願わずにはいられません。

やっぱり致命的なミスですよね!どちらかと言えばアップルのアナウンスが悪いような・・・。OSの仕様がどのように変わるかなんて、サードパーティには予測できるはずがないですからね・・・。
補償問題とかに発展したりしないのかしら?
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 11:32 | MacOSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。