2013年11月20日

これは残念!iPad mini Retinaの色彩表現力は低いことが判明

iPad mini Retinaの色彩表現力は低い ―AnandTech、DisplayMate調査

AnandTechは16日(現地時間)、独自に行った調査から、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の色域は狭いようだと伝えています。米アップルが同端末と同時に発表した「iPad Air」のほか、ライバル機である「Nexus 7」や「Kindle Fire HDX 8.9」よりも明らかに狭いとのこと。一方で、初代iPad miniに比べて劣化しているようなことはないとも伝えています。

左からiPad Air、iPad mini Retina。同サイトでは、左下の赤三角の色に注目してほしいとしている Credit:AnandTech
また、DisplayMateも同様の調査結果を伝えており、iPad miniの色彩表現力が低いのは確からしいと言えます。同サイトが公開しているグラフによれば、Kindle Fire HDX 7の色域がsRGBとほぼ同じ、Nexus 7が少しはみ出し気味であるのに対し、iPad miniは狭く、特に青と赤において顕著にその特徴がみられます(DisplayMate)。
「iPad Air」と比べても、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」はスペック上全く遜色ありませんが、どうやら色の表現力という意味では少々劣っているようです。色を重視する使い方をしている方は、同端末以外のタブレットを使用した方が良いかもしれません。
なお、前述の通り、複数のサイトが今回の事実を伝えているため信頼性は高いデータではありますが、ディスプレイは特に個体差のでやすいパーツでもあるため、一概にこの通りであるとは限らない点に注意が必要です。

残念というか・・・同一製品で品質が違う2種の液晶パネルが使われていることが問題だと思うのですが・・・。
でもタブレットの色再現にそこまで煩いユーザーがどれだけいるのか?というのも疑問ですね。
特にiPadの場合は・・・
<スポンサーリンク>
posted by あじすあべば at 11:15 | iPhone・iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>


当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

Appleの名称、ロゴ、漢字Talk、Mac OSは、アップルコンピュータ株式会社の登録商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。